本番で力を発揮する~フロー状態~

 スピードスケートの日本の両エース、非常に残念ながらメダルには届きませんでした。

 試合後、長島選手は「34秒5台を出さなきゃいけないと思っていました。リンクと僕の感覚は合っていたので、それが出せなかったというのが、力のなさなのかなと。本番に弱いですね」と語っていました。

 4年に一度の五輪での想像を超えるプレッシャーの中、本番で自分の力を発揮するには身体的な能力、技術的なテクニックに加えて、競争する為の技などの「心理的な技術」を磨きあげる必要もあります。

 自分たちの最適状態を“フロー”といいます。選手達がこの”フロー”状態に入るためのトレーニングの一つが『ライフスキル』トレーニングです。そして、応用スポーツ心理学的に見れば、「難題と結果からのプレッシャー」「時間との格闘とその中での挑戦」「成功と失敗のハンドリング」など、企業競争の世界とスポーツ競技の世界はとても似ているのです。

 弊社のトレーニングは、このような競技スポーツの実践の場で洗練されたトレーニングをビジネスの世界で応用していくものです。

最近の投稿
​カテゴリー
Search By Tags

株式会社Tsutomu FUSE, PhD Sport Psychology Services

所在地

<オフィス> 

〒106-0047

東京都港区南麻布5-15−2-206

<本社>

〒154-0021

東京都世田谷区豪徳寺1-9-9

1-9-9 Goutokuji. Setagaya Tokyo, JAPAN 154-0021

Tel+Fax. 03-5799-4810

  • スポーツ心理学で勝つ

Copyrights © Tsutomu FUSE, PhD Sport Psychology Services, Al Rights Reserved.